ページの先頭です

夏の省エネ対策

[2015年4月28日]

今年の夏はエコな生活

家庭でできる節電7つのポイント

○こまめにスイッチオフ

 家電製品を使わない場合は、こまめにスイッチを切りましょう。また、長時間使用しない場合は、プラグを抜きましょう。

○待機時消費電力を削減

 家電製品には、使わない時にも電力が消費している「待機時の消費電力(待機電力)」があります。

待機電力を減らすポイントは(1)家電製品の省エネ機能を使用する。(2)主電源を切る。(3)スイッチ付きタップを使用する。

○エアコンで節電

 夏の冷房の室温は28℃を目安にして、扇風機などと併用して冷えた空気を循環しましょう。また、出かけるときや寝るときは、15分くらい前に切りましょう。

フィルターが目詰まりしていると冷房効率が下がりますので、こまめに清掃をしましょう。

○冷蔵庫で節電

 扉を開けている時間を短くして、余分な開閉はしないようにしましょう。また、冷蔵庫に物を詰め込みすぎると、冷気の流れが悪くなり冷えにくくなります。麦茶など熱いものは、冷ましてから冷蔵庫に入れましょう。

○照明で節電

 照明器具を清掃して明るくなった分、明るさの調整をしてください。また、白熱電球は、消費電力の少ない蛍光灯やLED電球に替えましょう。

○テレビで節電

 見ない時は、主電源を消しましょう。リモコンでの電源オフは、待機電力が余計にかかります。液晶テレビなどは、画面の明るさを調整できますので活用しましょう。

○生活スタイルを見直して節電

 早寝早起きは、夜の消費電力を抑えることになります。また、朝の涼しいうちに活動して、エアコンの使用時間を減らしましょう。

 

問い合せ/環境保全課

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

久御山町役場民生部環境保全課(2階)

電話: 075(631)9917、0774(45)3907

ファクシミリ: 075(631)6149

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム