ページの先頭です

届け出が必要なときは

[2010年7月15日]

建物を取り壊したとき

 固定資産税や都市計画税の課税対象である建物は、毎年1月1日現在に在る建物に課税されます。
 したがって、1月1日までに建物を取り壊されたときは、取り壊しの申告書を税務課に提出してください。
 申告されませんと、建物がないのに固定資産税や都市計画税が課税されることがありますのでご注意ください。

バイクなどの登録と廃車

 125CC以下のバイクやトラクターなどの小型特殊自動車の登録と廃車は、税務課で行っています。
 新しいバイクなどを購入したときは、販売店の発行する販売証明書と登録する人の印鑑が必要です。
 他の人から譲り受けたときは、前の所有者が廃車した際に交付を受けた廃車証明書と登録する人の印鑑が必要です。
 次に、所有しているバイクなどを廃車するときは、ナンバープレートと所有者の印鑑が必要です。転出により住所が変わるときや他の人に譲るときも、先に廃車をしてから再登録の手続きをしてください。
 また、盗難によりナンバープレートを返納できないときは、警察に届け出るとともに、役場税務課で廃車の手続きをしてください。
 手続きをしないまま放っておかれると、いつまでも軽自動車税が課税されます。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

久御山町役場総務部税務課(1階)

電話: 075(631)9926、0774(45)3908

ファクシミリ: 075(632)5933

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム