ページの先頭です

町税などの種類

[2017年5月26日]

固定資産税・都市計画税

 固定資産税と都市計画税は、その年の1月1日現在、町内に土地や家屋、償却資産を所有されている人に課税される税金です。
 このうち、都市計画税は、市街化区域内にある土地と家屋に対して課税されるもので、都市計画事業に必要な費用の一部を負担していただく目的税です。
 また、土地と家屋は原則として3年に一度、償却資産は毎年評価額が変わります。
 町では、固定資産の内容や評価額などを確認していただくために、毎年4月1日から第1期納期限日(通常5月31日)まで、課税内容を見ていただくことのできる期間を設けていますのでご利用ください。ただし、特別の事情がある場合は、変更されることもありますので事前に確認してください。
 納税通知書を送らせていただくときに、課税明細書を同封しています。この明細書には、あなたが所有されている土地と家屋について課税の対象となったものをすべて記載しています。課税内容の確認にご利用ください。

個人の町民税・府民税

 個人の町民税・府民税はその年の1月1日現在、町内に住所がある人で、前年中に一定額以上の所得がある人に、均等割と所得割の合計額が課税されます。
 したがって、1月2日以降に転出されてもその年度の税金は、久御山町に納めていただくことになります。
 また、町内に住所はないが、事業所や家屋敷のある人で、前年中に一定額以上の所得がある人に、均等割だけが課税されます。
 均等割は町民税は3,500円、府民税が1,500円です。
 (平成28年度から32年度まで、「豊かな森を育てる府民税」(通称「森林環境税」)として府民税に600円を上乗せします。そのため、均等割は町民税3,500円、府民税2,100円となります。)
 所得割は所得の合計金額から扶養控除などの所得控除額を差し引いたあとの課税標凖額に税率を乗じて求めます。
 税率は、町民税は6%、府民税が4%です。
 また、町民税・府民税の納付方法は、毎月の給料から差し引く給与所得に係る特別徴収、公的年金から引き落としされる公的年金に係る特別徴収、個人が6月、8月、11月、翌年1月の各納期に納める普通徴収の3つの方法があります。

軽自動車税

 軽自動車税は、その年の4月1日現在に軽自動車やバイクなどを所有している人に課税されます。したがって4月2日以降に廃車をしても、その年度の税金は納めていただくことになります。
 納付書は、5月に所有者あてに送付します。
 また、所有者や住所などに変更が生じたときは車の種別に応じて、次のところへ速やかに届け出てください。125CC以下のバイクやトラクターなどの小型特殊自動車は、役場税務課へ、軽自動車は軽自動車検査協会へ、125CCを超えるバイクは京都陸運支局へ届け出てください。

国民健康保険税

 国民健康保険税は、所得割、平等割、均等割の合計額が年税額となります。
 所得割は前年の所得額を基準に計算します。また、平等割は一世帯当たりで、均等割はその世帯の加入者数に応じて計算します。
 税率は市町村により異なります。
 なお、平成12年度から、介護保険制度がはじまり、国民健康保険など医療保険に加入されている40歳から64歳までの人は、自動的に介護保険第2号被保険者になります。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

組織内ジャンル

総務部税務課(1階)

お問い合わせ

久御山町役場総務部税務課(1階)

電話: 075(631)9926、0774(45)3908

ファクシミリ: 075(632)5933

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム