ページの先頭です

わが家の地震対策

[2017年9月26日]

家のまわりのチェックポイント

家のまわりのチェックポイント

地震の負傷者半数近くが「家具類の転倒や落下物」で負傷しています。自分の周りの危険個所を見直してみましょう。


・屋根   屋根瓦のひび割れやはがれ、ずれは補強・修理する、アンテナはしっかりと固定する

・窓ガラス  飛散防止フィルムを貼る、窓枠のがたつきがないか確認する

・プロパンガス  ガスボンベは鎖でしっかりと固定する

・ベランダ  ベランダは緊急時脱出にもなるので常に整頓する、落下の危険がある場所に植木鉢や物干しざおを置かない

・ブロック塀、門柱  鉄筋が入っていないものや、基礎部分が地中にしっかりと固定されていない平や門柱は補強する、ひび割れや鉄筋nさびは修繕する

※ブロック塀のチェックポイント  亀裂・ぐらつき・傾きはないか、高すぎないか、基礎は地中深く入っているか、増し積みはされていないか、控え壁があるか、鉄筋が入っているか


耐震対策

 地震により家屋の倒壊等や建物が全半壊するなどの被害が予想されます。このような被害を防ぐためにも、早めに家の耐震診断・補強を行っておくとよいでしょう。

 町では昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅を対象に、木造住宅耐震化助成制度として耐震診断士派遣事業や耐震改修への助成事業があります。

 詳しくは、総務課防災安全係まで問い合わせてください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

久御山町役場総務部総務課(3階)

電話: 075(631)9991、0774(45)3922

ファクシミリ: 075(632)1899

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム