ページの先頭です

満願寺・薬師如来坐像

[2010年3月19日]

町指定有形文化財

満願寺・薬師如来坐像

 林の満願寺に安置されているこの木像は、材質はヒノキ材、寄木造でつくられており、像高は103.3センチメートル、平安時代後期、12世紀後半の作と考えられています。
 明治時代まではこの像が本尊とされていましたが、現在は客仏となっています。
 像は全体に作風がやや硬く、衣文は浅く線的で膝前の前掛様の部分に小さな折り返しをたたんでいます。
 巨椋池周辺は、平安時代後期の仏像が密集している地域として著名であり、なかでも半丈六(仏像の大きさが1丈六尺の半分)を超える大きな像が狭い地域に多く残っている林地区は注目されています。
 この像は半丈六の大きさの坐像で、林の西林寺薬師如来像をもとにして作られたものと想像されています。当時、京都を中心に流行していた定朝様(仏師定朝の彫刻様式)に則った作例で、後補の少ない保存の良い美作として知られています。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

久御山町役場 教育委員会 社会教育課(2階)
電話: 075(631)9980 0774(45)3918  ファクス: 075(631)6129 
E-mail: syakai@town.kumiyama.kyoto.jp