ページの先頭です

観音寺・木造阿弥陀如来坐像

[2010年3月19日]

町指定有形文化財

観音寺・木造阿弥陀如来坐像

坊之池の観音寺に安置されているこの木像は、材質はヒノキ材、寄木造でつくられており、像高は48.9センチメートル、鎌倉時代中期、13世紀中頃の作と考えられています。
 この像は、小型の阿弥陀如来坐像で、胸を大きく開き、腰を深く落とす体型は大仏風で、小粒の螺髪(らほつ)は彫りだしで立ち上がりを高くしています。衣文の彫りは浅く、平安時代末期の都風の影響が見られますが、顔の様子はやや丸みをおびた童顔形ながらも目尻の上がった引き締まった端正な表情を示すことや、衣文の表情にやや形式化した穏やかさが見られる点、また、細かな寄木造の構造などから、制作年代は鎌倉時代中期頃と考えられます。
 像は、保存状況もよく、丁寧な作風で堅実にまとめあげられており、鎌倉時代の小像の佳作として貴重なものです。

観音寺外観

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

久御山町役場 教育委員会 社会教育課(2階)
電話: 075(631)9980 0774(45)3918  ファクス: 075(631)6129 
E-mail: syakai@town.kumiyama.kyoto.jp