ページの先頭です

浄安寺・一木造聖観音菩薩立像

[2010年3月19日]

町指定有形文化財

浄安寺・木造聖観音菩薩立像

 佐山の浄安寺に安置されているこの木像は、ケヤキの一材から彫りだしたもので像高は142.0センチメートル、平安時代後期、10世紀後半~11世紀前半の作と考えられています。
この像は、雙栗神社の神宮寺(浄福寺)の旧仏と推定されています。
 像は、頭部の小さいプロポーションや、柔らかい丸味のある少年のような顔つきなど、一見して仏師康尚が活躍した時期(10世紀末~11世紀初め)の特色を備えています。顔の様子と体の重厚な感じとはやや有機的なつながりを欠きますが、康尚時代の作例に多く見られるように顔の様子は当世風な感じに、体の固太りの肉身や身のこなしなどは古像をもとにして作られたためであろうと思われます。
 作風の上から見て、平安時代後期にさかのぼる古作であることに加えて秀麗な美作であるといえます。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

久御山町役場 教育委員会 社会教育課(2階)
電話: 075(631)9980 0774(45)3918  ファクス: 075(631)6129 
E-mail: syakai@town.kumiyama.kyoto.jp