ページの先頭です

淀大根出荷最盛期へ

[2012年12月21日]

淀大根の出荷最盛期へ

冬の京都の味覚の淀大根の出荷が、始まっています。淀大根は、11月下旬から2月末頃まで出荷されていますが、寒さが増して霜が降りだした頃から、柔らかさが増して、味がしみ込みやすくなります。

淀大根は、甘くて苦みの少ないのが特徴で、味がしみこみやすく、又早く煮えて煮くずれしにくいので、主に煮物用に利用されます。口の中でとろけるような食感が好まれ、京都だけでなく東京などにも出荷されています。
皆さん!スパーや八百屋さんで見かけたら、ぜひ、買って食べてみてください。最後にレシピが掲載されたパンフレットを漬けています。

※淀大根は、京の伝統野菜として認定をされている聖護院大根の特に久御山町の東一口地域で栽培されているものを淀大根とのブランド名をつけて出荷しています。

きれいに洗われた後、白く輝く淀大根が積まれていきます。

純白で丸々とした淀大根!淀大根と書かれた赤いシールが目印です。

レシピが掲載されています。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

久御山町役場総務部総務課(3階)

電話: 075(631)9991、0774(45)3922

ファクシミリ: 075(632)1899

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム