ページの先頭です

もしものために

[2010年7月29日]

119番の通報のしかた

 119番するときは、あわてず落ち着いて、はっきりした言葉で通報しましょう。電話が通じたら、まず、火災か救急、救助かを伝えてください。続いて、住所と氏名、付近の目標物を正確に伝えてください。

 火災の場合は、何が燃えているか、また逃げ遅れた人がいないか正確に伝えてください。

 救急、救助の場合は、どうしてケガをしたのか、今どのような状態(意識の有る無し・脱出可否)か、患者の年齢、性別、容態を正確に伝えてください。

 携帯電話から通報の場合は、受信のアンテナによって、他の市町村消防に入る場合がありますので、市町村名から伝えてください。

消防訓練・応急手当(救急法)指導

 火災や地震などの災害は、いつ、どこで発生するかわかりません。いざという時に備えて日頃からの心構えが大切です。

 消防本部では、防火座談会、防火映画会、消火器等の消火器具の取扱い指導、消防訓練・救命に必要な応急手当指導などを各自治会や事業所等で実施しています。消防訓練や応急手当(救急法)指導を希望される場合には、講師や指導者を派遣しますので、お気軽にお申し込みください。

 また、在住者、在勤者を対象に毎年9月頃に普通救命講習会も行っています。日程は、「広報くみやま」でお知らせしています。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

久御山町役場消防本部消防本部

電話: 075(631)1515

ファクシミリ: 075(632)5382

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム