ページの先頭です

観葉植物の育て方のポイント

[2015年3月23日]

観葉植物の育て方のポイント

 注意するポイントは、2つです。
 一つめは、新しく観葉植物を買われたり、飾ってある場所を変えられた場合しばらくすると葉が落ちたり色が悪くなったりすることがあります。その時植物は、環境に順応しようと努力しています。そこでこの植物は、人間がやさしさから「この場所はあわないからかわいそう」と場所を変えてやるともう一度順応するため力を使い弱ってしまうときがあります。元気な植物を購入された場合植物の力を信じ我慢してください。

 二つめは、水やりです。観葉植物には、水が多くいるものといらないものがありますが、どちらも春から秋にかけては、多めに水を与えても大丈夫。問題は、冬場です。水の多くいる植物でも鉢の表面が乾いたら鉢の土の三分の一が濡れるぐらい与えてください。これは、成長しない冬場はそれほど水は必要としないのと根の一番大事な場所は、鉢の下の方に伸びていてその部分の水分が朝晩の冷え込みで凍ったりして根をダメにするからです。そして水の多くいる植物ですら上記のようですから、水をたくさん必要としない植物ならなおさらいりません。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

久御山町役場事業建設部産業課(2階)

電話: 075(631)9964、0774(45)3914

ファクシミリ: 075(631)6149

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム