ページの先頭です

町長あいさつ

[2016年8月29日]

ようこそ、久御山町ホームページへ

  久御山町ホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。

   久御山町長の信貴康孝です。去る8月16日告示の久御山町長選挙で住民の皆さまの信託を受け、無投票により2期目の舵取りを仰せつかることとなりました。 本日初登庁し、心機一転職務にまい進いたす所存でありますので、引き続きご指導、ご鞭撻をよろしくお願いします。

  さて、久御山町は、昭和29年10月に御牧村と佐山村が合併して誕生しました。面積は13.86平方キロメートルで、宇治川と木津川に挟まれた豊かな自然に恵まれた平坦な地形のまちです。

  かつては広大な巨椋池があり、そこにはさまざまな魚や水鳥、植物が生息していましたが、昭和16年に国営の干拓事業が完了し、のどかな田園風景が広がっています。

  その一方で、近年、第二京阪道路や京滋バイパス等の広域幹線道路網が整備され、久御山ジャンクションを起点に東西南北につながる交通拠点として、また、既存の国道1号とあわせてさらに京都、大阪間の立地条件を生かした活発な産業活動が展開されています。

  この4月からは、10年後の未来に向けたまちづくりを見据えた羅針盤となる「久御山町第5次総合計画」がスタートしました。この総合計画と、昨年度(平成27年度)に策定しました地方版総合戦略によって、将来においても持続可能な魅力あるまちづくりを目指してまいります。

 

みんなで築こう 次代に誇れるわがまち 『くみやま』

 

  表題に掲げました言葉は、私のまちづくりの基本理念でございます。

 

    今を生きる私たちの最大の使命は、先人から受け継いだ、命や文化、思想や技術を必ず進化させ、次世代に継承していくことであり、次世代のために何ができるのかを問い続ける姿勢こそが、現在をより良く創造していく第一歩につながるとの信念を込めております。

 

  この理念のもと、私は次のように「基本方針」と「く・み・や・ま 未来創造プラン35の宣言」を掲げております。

 

  【基本方針】

   (1)次世代を第一にしたひとづくり・ものづくり・まちづくり

   (2)徹底した行財政改革と戦略的な行財政経営

   (3)住民の皆さまが憩える ふるさとづくり

 

  【く・み・や・ま 未来創造プラン35の宣言】

   「く」らしを守る安全・安心のまちづくり

    住民や企業、まちにかかわるすべての人々が、安全・安心を実感できる環境をつくります。

    (1) 広域的な治水対策の方向性の提示

       内水排除対策・関係機関・団体との調整会議の開催

    (2) 災害時緊急情報システムの構築(同報防災無線設置)

    (3) 災害時業務継続計画策定

    (4) 遠隔地防災協定の締結

    (5) 防犯カメラの設置

    (6) 公会堂等の耐震整備

    (7) 交番の新設

    (8) 公共施設内照明や交通安全灯のLED化

    (9) 消防広域化の推進


   「み」らいに進化するまちづくり

    豊かな自然や農業環境、多様なものづくり企業の集積など、まちの潜在資源に磨きをかけ、新たな

   資源を住民の皆さまと共に創造します。

    (1) 産業・住宅立地にむけた土地利用の推進

    (2) 新市街地整備を誘引する東西軸道路の整備

    (3) まちの駅クロスピアくみやまの更なる情報発信の充実

    (4) まちの知名度アップに向けた、久御山プロモーションの実施

    (5) 産業振興に向けた売り込み隊の結成

    (6) 日本遺産の活用や舟運事業の誘致要望など、新たな交流促進事業の推進

    (7) 住民の皆さんとの対話・交流による開かれた町政の推進

    (8) 第6次行政改革大綱の策定


   「や」すらぎのまちづくり

    だれもが住み慣れた場所で、健康で心豊かに「やすらぎ」を実感し、住み続けたいコンパクトタウンを

   つくります。

    (1) のってこタクシーの充実と民間新バス路線の誘致

    (2) 少子化対策と子育て支援の充実(婚活支援、多子世帯奨励金の支給)

    (3) 高校生までの医療費助成

    (4) 特別養護老人ホーム建設

    (5) 障がい者グループホーム建設

    (6) 手話言語条例の制定

    (7) マイナンバー活用による住民票などのコンビニ交付の実施

    (8) 認知症カフェの実施


   「ま」なびと文化のまちづくり

    久御山学園の実現で、久御山町で子供を育てたいと実感できる環境をつくります。

    また、歴史と文化にふれ、だれもが学べる環境の充実を図ります。

    (1) (仮称)さやまこども園の開園

    (2) 幼保一体的運営による就学前教育の充実

    (3) 中学校給食の実施

    (4) 学校給食への本町産の有機野菜(低農薬野菜)の供給

    (5) 学力アップ事業の実施

    (6) 専科加配教員の配置

    (7) 通学路の安全確保の推進

    (8) 旧山田家住宅等の利活用

    (9) 中央公民館のあり方検討

    (10) 中央公園拡充整備の検討

 

  より良い久御山町を住民の皆さんとともに築き進化させ、次代へと受け継ぐため、全身全霊で職責を全うする所存です。

  今後とも皆さまのご理解とご協力、ご指導をよろしくお願い申し上げます。

 

  久御山町長 信貴 康孝

 

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

久御山町役場総務部総務課(3階)

電話: 075(631)9991、0774(45)3922

ファクシミリ: 075(632)1899

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム