ページの先頭です

久御山町「黄金の茶室」 The Golden Tea House of KUMIYAMA

[2018年4月6日]

ものづくり技術の結集! 久御山町「黄金の茶室」

茶室

「ものづくりのまち」久御山の企業が連携して製作した久御山町「黄金の茶室」。デザイン・設計に東京大学川添研究室を迎え、技術力を結集して完成しました。

This tea house was designed by Kawazoe Lab., The University of Tokyo and built, by the companies listed below, in Kumiyama, which is a 'Manufacturing Town'.

茶室の世界観  The 'world view' of this tea house

「自然と人工」、「光と闇」、「伝統と現代技術」 ― 相反する二つのものが共存する意外さや緊張感を表しています。

秀吉が利休に命じて作らせたとされる「黄金の茶室」を、川添准教授の解釈で現代に復活。「かたち」から技術を探したのではなく、「久御山の技術」という各社の素材を結集した成果が、この茶室の形態なのです。


"Nature and artificiality", "light and darkness", "tradition and technology" - it expresses its wonders and exquisite balance through the coexistence of contradictory principles.

It is inspired by the 'Golden Tea House' that TOYOTOMI Hideyoshi ordered SENNO Rikyu to make in the 16th Century.  Its form was deicided by utilizing the strong points of companies in Kumiyama.

茶室図解  An illustration of the Tea House

茶室内部  The inside of the Tea House

茶室の内部を映像でご覧いただけます。下記URLをクリック!(YouTubeへリンク)

https://www.youtube.com/watch?v=aqEcl9TyFXs(別ウインドウで開く)


久御山町「黄金の茶室」製作参画企業   The Makers of our "Golden Tea House"

制作総指揮:東京大学川添研究室   Exective Producer: Kawazoe Lab., The University of Tokyo



イーコット株式会社   ECOTT

茶室の「壁」は、約10cm × 3mのアルミ押出材を横に繋げて組み立てています。

ECOTT provided the extruded aluminum pieces, seized about 10cm × 3m, that are connected to be the 'walls' of the teahouse.


イーコット株式会社 ECOTT (Japanese only)(別ウインドウで開く)


株式会社カクワ  KAKUWA

西陣の箔から生まれた、水が漏れない新素材高級折り紙で「花入れ」を製作。

KAKUWA developed a new type of Origami material for the 'flower vase' inspired by a Nishijin leaf.


株式会社カクワ  KAKUWA (Japanese only)(別ウインドウで開く)


コスモ機器株式会社  Cosmo Kiki Electric Co., Ltd.

あらゆる総合機器のエキスパート。「真空茶釜」の真空容器・電気制御システムを改造製作。

These equipment experts remodeled the case and electrical control system for the 'vacuum teakettle'.


コスモ機器株式会社  Cosmo Kiki Electric Co., Ltd. (Japanese only)(別ウインドウで開く)


京都樹脂精工株式会社  Kyoto Jushi-Seiko Co., Ltd.

樹脂精密切削加工の高度な技術で、1mm未満の微妙な反りに合わせた1点ものの樹脂フレームを作製。

The advanced technical skill of Kyoto Jushi-Seiko, assured the resin frames fit precisely and will warp less than 1mm.


京都樹脂精工株式会社  Kyoto Jushi-Seiko Co., Ltd. (Japanese only)(別ウインドウで開く)


株式会社サンセイ  SANSEI Co., Ltd.

職人技が光るヘラ絞りで、銅板を「つくばい」に仕立てました。

The 'copper basin in the garden' was spun by the artisans at SANSEI.


株式会社サンセイ  SANSEI Co., Ltd. (Japanese only)(別ウインドウで開く)


中沼アートスクリーン株式会社  Nakanuma Art Screen Co., Ltd.

スクリーン印刷を用いたオリジナル技術で、約400年前の金箔の風合いを再現。

The tone of the gold leaf, to match the original from about 400 years ago, was recreated using their original screen printing  technology.


中沼アートスクリーン株式会社(日本語)(別ウインドウで開く)  Nakanuma Art Screen Co., Ltd. (English)(別ウインドウで開く)


ニューリー株式会社  Newly Corporation

超高精細なスキャン撮影・デジタル再現技術で、肉眼では分からない「金箔の世界」を表現した「掛軸」を製作。

This "Kakejiku" (traditional hanging scroll) expresses the invisible 'world of gold leaf' by making full use of Newly's super high-definition scanning and digital reproduction technology.


ニューリー株式会社(日本語)(別ウインドウで開く)  Newly Corporation (English)(別ウインドウで開く)


株式会社藤本製作所  FUJIMOTO FACTORY

敷板に独特のデザインを施し、宙に浮いたようなステンレス製「真空茶釜」等を製造。

FUJIMOTO created the stainless steel 'vacuum teakettle' with a unique design that looks like it is floating in the air.


株式会社藤本製作所  FUJIMOTO FACTORY (Japanese only)(別ウインドウで開く)

株式会社マツダ  MATSUDA Co., Ltd.

確かな技術で、「柱」がない茶室を施工。

The reliable techniques of MATSUDA, made it possible to build the tea haouse without pillars.


株式会社マツダ  MATSUDA Co., Ltd. (Japanese only)(別ウインドウで開く)


洛陽技研株式会社  RAKUYOGIKEN Co., Ltd.

ろうそくの揺らぎを再現したLED照明で、内側の金壁を照らします。

The LED lighting provided by RAKUYOGIKEN, replicates candles quivering in the breeze.


洛陽技研株式会社  RAKUYOGIKEN Co., Ltd. (Japanese only)(別ウインドウで開く)


久御山町「黄金の茶室」図解ダウンロード  Download of the illustration of KUMIYAMA Golden Tea House

久御山町「黄金の茶室」図解(PDFファイル)  Download of the illustration of KUMIYAMA Golden Tea House

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

久御山町役場事業建設部産業課(2階)

電話: 075(631)9964、0774(45)3914

ファクシミリ: 075(631)6149

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム